SUB MENU

任意売却をするときの後悔しない方法を知ろう

依頼するべき

価格が高いのか、安いのか判断はつきにくいのです

多くの人にとって不動産を売却するということは、人生の大きなターニングポイントとなり、その決断次第によってはその後何年何十年と後悔をすることにもなってしまうリスクがある重大な事柄ということができます。 不動産と一言でいっても、マンションなどの集合住宅や戸建住宅、商業用ビルなど様々ありますし、自家用の用途だけではなく、投資用物件として保有するなど買う人、売る人のそれぞれの事情もあります。 戸建住宅やマンションといった不動産を売るとうことは、買うよりも数倍難しいのです。まず、不動産には明確な価格というものが存在しませんし、一般の人で自分の物件がどれくらいの金額になるのか見極めることは難しいのです。そこで、仲介業者に査定を依頼することになります。

最も高く査定してくれる不動産会社を選びましょう

査定をする仲介業者は、売買契約を成立させることができれば仲介手数料を受領できます。したがって、時として査定額を低めに算出して売主に報告するということもありえます。市場価格よりも低い価格で査定して、なるべく早く売買契約を成立させることができれば、それだけ仲介手数料を早く稼ぐことができるというわけです。 そこで、このような事態を回避するためには、複数の仲介業者に査定額を依頼することが大切となります。仲介業者によって、査定額にバラつきがでますが、その際に必ず査定金額の根拠をヒアリングするようにしましょう。ここで、明確な根拠を報告できない仲介業者に買主探しを依頼してはいけません。 きちんと査定根拠を報告し、かつもっとも高い価格を提示した仲介業者に買主探しをお願いするようにしましょう。