SUB MENU

任意売却をするときの後悔しない方法を知ろう

滞納する

住宅ローンを滞納すると、残債の一括支払い請求がきます

期限の利益とは、住宅購入費を分割で支払うことを指します。期限の利益喪失とは、分割で支払うことができなくなりますよ、と言うお知らせです。 これらは全て住宅ローンを利用する前に確認しておく必要があります。もはや、これまでかと思い競売にかけられるぐらいなら、自分から自宅を売却しようと思うかもしれません。しかしそう簡単なことではありません。住宅ローンの残債より、売却価格の方が高いようであればもちろん、話は簡単です。しかし圧倒的に多いのが、残債よりも売却価格が下回るケースです。通常、抵当権のついている不動産を売却する場合、残債を一括で支払って抵当権を解除してもらわない限り売却はできません。

売却なら、普通の不動産業者でもいいのでは

とりあえず、競売の通知も来ていないので、とりあえずは近所の不動産会社に相談したとします。しかしこれではうまくいかないでしょう。抵当権のついたままの不動産は市場価格よりも低く売買されます。又、借入れ先との交渉をしないことには不動産会社も二の足を踏むでしょう。そうこうしているうちに、債権者は競売手続きを申請してしまいます。 では、どうすればいいのでしょうか。自宅を売却するなら、任意売却にすればいいのです。任意売却とは、抵当権が残っているままでも売却できるよう債権者と交渉し同意を得た上で、売却する方法です。この方法を取るなら任意売却専門業者に依頼すればいいのです。専門業者だけあって、借入れ先との交渉なども日常茶飯事です。又、任意売却専門業者は不動産業者でもあるので、交渉と同時に売却に向けての活動も行います。 任意売却専門業者なら、ただ不動産を売却するだけではありません。売却後にどうしたいかによって、さまざまなプランを提案してくれます。